無料ブログはココログ

2014年7月12日 (土)

こんばんは

なんと、約1年ほったらかしていました~
月日が経つのは、早いものですね・・・。

今夜は、ちょっと体がだるいです。
どうも、2日ほど前から、お腹に来る風邪をひいてしまったらしく。

午前中は何とか活動していたのですが、
午後からは、子どもをほっぽらかして寝ていたら、
息子は、一人で宿題をしていました。

漢字のプリントなんですが、漢字が書いてある部分を切り取って、
その読みの部分に貼るという作業が必要で、
学校では、先生といっしょにやっているんだそうです。

家では、ハサミが見つからなかったようで、
どこから出してきたのか、工作用のギザギザハサミで切ってありました。

Kanji

誰の力も借りずに、一人で知恵を絞って頑張ったんだなあと思うと、
このギザギザも可愛く思えてきます。

母、あの時は、眠くてだるくてサイコーに機嫌が悪く、
息子が、「なんて読むの~?」って聞いてきても、つい怒ってしまい、
今、本当に、反省してます。

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

2013年8月11日 (日)

長らくご無沙汰をしてました・・・

4月から、仕事に復帰したこともあり、すっかり放置してました。

まさかと思いますが、チェックしてくださっていた方々、本当にすみません。ページを開いてすらいなかったので、ログインの仕方も、忘れちゃってたよ

今後もこのような状態が続きそうで、さあ、どこまで、続けるんだか。自分。

だってね。

どうしても、暗い記事が多くなる。

書くことで救われている部分と、書くことでかえってそこに捕らわれてしまう部分と。

それに、読んでくださる方がいるかと思うと、ありがたい反面、言い訳がましい文になる。それはそれで、私の中に、妙な葛藤があるのです。

・・・それでも、長く書き留めてきたことが、後になると、とっても貴重な家族の記録になっているのではないか。

だといいなと思います。

まあ、そんな大層なものでもないかもしれないので、やっぱり、興味が持てなくなったら、止めればいいことかなと、思ってますが。

読んでくださって、本当にありがとうございます。ご理解を頂ければと思います。

さて。

私たち親子は、相も変わらず、山あり谷あり。

激動のような、それでいて、のんべんだらりんとしているような。

そんな毎日です。

今は、夏休みと言うこともあって、毎年のことながら、息子のテンション、奇声に振り回されつつ、それでも、まあ平和に過ごせる一日もあり。

良いか悪いか別にして(いや、良くないんだと思うけど)、DVDとお人形のちいぽぽちゃんの力を最大限活用させてもらい、なんとかやりすごしています。

今年は、私が勤めに出ている日も多いので、息子を、デイサービスに預けることが多くなりました。

しかも、今年から、そのデイサービスでは、子供達はお弁当を持ってくることになった

理由、子供達がみんな喜ぶから。えええ~~~~っ、それだけで、みんな強制されるん?

って、最後まで、抵抗していたら、「もう、あなたのとこだけですよ。お弁当じゃないのは。」って言われてしまい・・・・。

屈して作っています。でも、確かに、子供は喜ぶし、私のお弁当も作って一石二鳥だし。いいんだけど、ちょっと、まだ引っかかってる。

で、作ってるのは、超手抜き弁当。

3色どんぶり(お肉は、レトルトの角煮を細かくしたもの)と煮しめ。

Bento82

冷やしうどんとミートボール、粉ふきいも、おにぎり。デザートにゼリー。

Bento83

最近、勤務がお昼頃からだったので、息子も、デイサービスに行ってすぐにお弁当。

だから、きっと、どんぶりもうどんもできたてで、美味しかったと思うよ~。手間がかかってない割に(笑)

さあ、お盆シーズンですね。

帰省にも気を使いますが、何とか乗り切って良い思い出を作ってやれたらと思います。

そして、今年も行くぜ!真夏のディズニーリゾート!修行のように!

報告できたら、いいですが(^^;;

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

2013年3月11日 (月)

いつか恋する君のために

今日は、3.11。朝から、鎮魂の番組が続いています。

震災から2年を経ても、なお消えぬ悲しみと、亡くなられた方のお一人お一人の命の重さに、あらためて涙が流れます。

2年前の今日、私は、地震の揺れを感じはしましたが、その被害の実情が分からず、夕方には、同じ支援級のお友だちの卒業のお祝いにお呼ばれしていました。

そこで見たテレビ画面の衝撃は忘れることができません。

どこまでも田んぼの中を遡ってくる海水。

暗い海一面に広がる焔。

ものすごい勢いで町になだれ込んでくる津波。人々の叫び声。

今も、忘れることができません。

でも、2年前のあの頃、私自身が、被災地の方に何かできたかと言えば、わずかばかりの募金をすることくらいでした。

正直言って、このブログの記事にすることもなかったと思います。

あの頃の私は、ただ息子を学校に通わせる、それだけで精一杯でした。いつも、隠れるように息子を学校に送っていき、「他の子の授業があるから」と親子で急ぎ学校を後にする。そんな日々でした。

何とか認めてもらえるために、必死になって息子を叱咤する日々。

一言で言うなら、孤独な日々。

あれから2年。

あの地震の中で生まれた赤ん坊が、片言の言葉をしゃべるようになり、赤ちゃんは幼児になり、幼児は小学生になり・・・

うちの息子も、相変わらず問題の固まりですが、それはそれなりに、気がつくと、小学校生活をちゃっかりと自分のものにして、元気に学校に通っています。

いやいや、それは、何よりも、息子に関わってくださった先生方の努力、そして、周りの子供達の力です。

息子を、温かく理解して頂く人がいなければ、私たち親子だけでは、どうにもならなかったのです。

でも、ちょっと言わせて頂けるなら、今までの私の苦労は、そのほとんどが、その理解を得るために注ぎ込んできたと言っても、言いすぎではないように思います。だから、私の思いもまた、少しは形になってくれたのではないかと、そう思ったりもします。

時には、その理解が、母である私が望むものではないことがあります。ごくごく地元の、一般の社会の中で、人との関わりが一番の力にもなりますが、知的障害と自閉症を併せ持つ息子にとっては、一番の悩みの種にもなります。

トラブルにぶつかるたびに、私は、くよくよと後ろを振り返ります。どうすればよかったのか。どこで道を間違えたのか。この道はどこに続くのか。

でも、私はいつも同じ答えにぶつかります。

答えなどなかった。一番良い方法なんて、もともとありはしなかったのだと。諦めずに続けるしかない。

時は流れ、息子は、成長を続け、これからも生きていく。玄関のドアを、いつも元気に出て行ってもらいたいと思う。

私は、これからも、同じようなことを思い、同じところを、ぐるぐると回ることでしょう。きっと、そういう人間なのです。

でも、私にも、時は平等に流れます。(確実に年も取ってます・・)

私は、今年、より深く、震災に合われた方々に、思いを寄せることができるようになった気がします。

だから、私もまた、少し前に進めているのかもしれないと思います。

今日は、鎮魂の日。

心を込めて、手を合わせさせて頂きます。

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

2012年10月16日 (火)

前歯の治療

ワタクシ、40うん歳のお話です^^;;

今年の夏は暑かった・・。そして、いつもの事ながら、大変だった・・←息子。

で、その疲れが、歯に来たらしく。いやいや

夏の終わりに、元々差し歯だった前歯が一本、歯茎が腫れて、グラグラしてきてしまいました。

ショックだったんですけど、予想通り、その1本が抜歯となりまして。

で、現在、その歯の両側の歯を治療したり削ったりして、かぶせものの歯をはめ込む、ブリッジという治療を受けています。

歯を抜いた後の治療法については、いくつかあるんですが、私が迷ったのが、このブリッジという方法を使うか、抜いた後の歯茎に金属を埋め込んで、人工の歯を作る「インプラント」という方法を使うか。

・・・すべては、お金の問題でございまして。

まあ、とにかく、お金がかかるインプラント。今行っている歯科医院で最初に聞かされたのが、軽く45万・・。

で、ブリッジでも、保険適用とそうでないお高い歯がある・・

しかし、たくさん選択肢があっても、私が選べる道は一つ。保険適用のブリッジで。はい。

今は、まだ、治療の途中なので、仮の歯をつけての生活なんですが、すでにとっても不便です。

まあ、仮の歯ということもあって、取れる心配もあるんですが、前歯で物がかめない・・

力が上手く入らないんですよね。いつも、斜め横の歯を使うようになって。

・・・なんか、すごく気分的にも老け込みます

それに、抜歯した後は、当然歯がないので、横の歯と一緒になっている2本くっついた仮歯なんですが、なんていうかこう、1本ずつではない違和感に、なかなか慣れないです

ブリッジは、基本的に、今の仮歯と似たような原理なので、これから先も、多少の不便さとは、長くお付き合いして行かなきゃならないようでございます・・。いや、まだ分かんないけど。

でも、インプラントも、金属を埋め込むのに痛みがあったり、その後痛みが残る人もいるっていうのもネットで読んで、そんな良いことばっかりじゃないさって、すっぱいブドウ状態の私。

歯は、ほんと大切~。

治療中にいつも、「こんなのうちの息子には、絶対耐えられないぞ~」って思ってます。幸い、今まで虫歯がない息子。でも、なるべく早く予防のための歯医者さんを探さなきゃと思っています。

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

2012年10月12日 (金)

近況

先週の3連休に、フリーマーケットに出店しました。

って言っても。

その日は、朝から雲行きが怪しく、主催者側の判断でやることにはなったのですが、現地について、準備をしたとたんに、雨がポツポツ・・。

古着が、1,2枚売れたかと思ったら、結構本降りになってきて、その日は、そのまま撤収・・となってしまいました。

滞在時間、1時間弱。出店料(返金なし)1500円で、売上は300円~

・・まあ、これもまた、フリーマーケット・・というか。

でも、一生懸命準備したのに、結局、持って帰ってきただけの大量の古着に、ため息でした。

私は、フリーマーケットが大好きで、これまでも何度か出店をしてきたのですが、息子が産まれてからは、なかなか自由が利きません。

誰か一緒に行ってくれるならば、息子も連れて行けるのですが、一人で出店し、息子を見ていることなんて不可能ですから。

今回は、夫が、仕事でダメだったので、義父母に息子を預け、実父母に荷物の運搬と出店準備を手伝ってもらうことにしました。

で、結果がそういうことだったわけで。

なんだか、自分が脱力・・なのに加えて、家族中を巻き込むことになった、何というか申し訳なさが、重い~。

しかし。

家を占領している、この荷物たちを何とかしたいので、また、リベンジで出店しようと思っています!

今や、1カ月に数回しかなくなった夫の休日を利用して、再来週、またやろうと思ってます。

年内は、これがラストチャンスだと思うので、どうか晴れてくれますように。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

息子の近況は・・。

やはり、集団登校がらみで、母としても、悩みは深いです。

今週は、何回か付き添いましたが、どうしても敬遠されがちでひとりで漂っているような息子の様子を思うと、やっぱり胸が重いです。

相変わらず、ひどいことを言われてることもあるようで、さて、またまた先生に報告すべきなのか、返って事態を悪化させるだけなのかと迷います。(で、直接見に行ってるわけです。)

しかし、まあ、影ながら力になってくれる子や、放課後になると、遊びに来てくれる子がたくさんいて、その中の全部ではありませんが、息子を気遣ってくれる言葉を言ってくれる子もいることを考えると、やはり、今は、大きな事を起こすのではなく、でも、子供達の様子をじっと目を離さず見守り続けることが、いいのかなと思っています。

そういえば、今朝は、私が交通当番で、黄色い旗を持って、子供達の集団登校に付き添いました。

最近、息子に対して心ないことをいう、やんちゃな上級生さんがいて、気にかけているのですが、たまたま、その子が遅れてきたので、「おはよう!」と私が声をかけたら、思いの外、爽やかに、しかもこちらをしっかり見て、「おはようございます。」とあいさつが返ってきました。

彼は、いまだに半袖姿だったので、「寒くない?元気だね!」というと、ちょっと笑って「寒くない。」と言っていました。それ以上深い話はしませんでしたが、声をかけて良かったなと思いました。(期待しすぎるのは、禁物だと思うけど)

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

2012年5月 3日 (木)

Rainbow

今日は、とってもきれいな夕焼けでした。

「あっ、虹!」

息子の声に、窓の外を見ると、確かに茜色の空に、すーーーっときれいなrainbow。

よく見ると、路面も濡れてて、天気雨だったんですね。

思わずベランダに出て、写真を撮りました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

せっかくのゴールデンウィークなのに、パパは仕事。

コンサータで、すっかりリズムが狂わされた息子は、学校でも散々だったみたいで、ずいぶん厳しく注意を受けてきたみたいです。

家でも、また同じことに悩まされています。

大声やゲラ男は、彼のブームのよう、何かにつけて騒ぐので、うるさいッす。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

好きなことをさせておけば、DVDかCDか、フラフープを床にトントンやってるか・・

いろんなことを思うけど。

息子と一緒に見た虹がきれいだったのも事実。小さな幸せ。小さな平穏。心にしみる夕焼け空。

息子の記憶の端っこにも、残ってくれたらいいな。

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

2012年3月 9日 (金)

いざ働きに出ようと思うと・・

就活、頑張ってます・・。って、まだ、1週間だけど~

求人情報誌で探したり、ハローワークに行ったり。

でも、いざ働こうって思うと、条件がなかなか折り合わない。特に、時間的な問題がね~

朝は、集団登校の付き添いの後に出勤となると、8:30からの仕事は、相当ギリギリ・・

夕方は、できるだけ放課後家にいて、息子の遊びの時間を確保してやりたいし、とすると、午前中だけの仕事か、週に2~3回の5時頃までの仕事か。

そんな都合のいい仕事、そうそうない・・。

今日も、8:30からの仕事の求人に、「8:45からじゃダメですか?」って、問い合わせたら、2件が2件ともダメだった・・。

じゃ、ファミレスとか、お店の仕事で、「時間は応相談」「週2~3回 4時間から」って言うのに問い合わせの電話をすると、「土日には出来るだけ出てください」って答えが返ってくるし。

職種を選べる立場じゃないわ~って思ってるんだけど、でもやっぱり、気の進まない仕事ってのもあるもんで・・。

そんな簡単なもんじゃないよね。年も年だし。ふぅ・・。

って、実家でグチったら、母親が帰り際に、「これ、持って行きなさいっ!」ってお金をくれようとした。

年金暮らしのあんたたちから、もらうわけにもいかないよ~。ダンナは、ちゃんと勤めてるし。いよいよ困ったら、借りに来るね。

って言って断ったけど、返って切なくなる私・・。

まあ、気長に。また、来週ー。ハローワークも、仕事を探す人でいっぱいだったよ。

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

2012年3月 7日 (水)

普段の生活が大事

NHKの「朝イチ」で、被災地の仮設住宅にスーパー主婦が出向き、収納術を伝授するっていう番組をやってました。

感動したのが、押し入れをきれいに片づけたことで、他の場所の収納もがんばっちゃいました!って、年配のご夫婦のお話。

それから、「仮住まいでも、大事な人生の一部!」って話す若いお母さんの笑顔。

震災で何もかもなくされて、そこから、生活や気持ちを立て直すって、そんなそんな簡単に割り切れるもんじゃなかっただろうなって。

収納を見直すって、ただそれだけのことなんだけど、人の心を前向きにするんだなって思いました。

私も、もう少し、がんばろうよ、家事。(特に掃除・・)って思いました。(^^;;

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

それから、昨日、「ひるおび」でやってた松野明美さんのフルマラソンへの挑戦の話題。ご覧になった方も多いんじゃないかと思います。

ダウン症のご次男との生活の様子が、すごく温かくて、なんか涙出そうになっちゃいました。

健太郎君(だったかな)、とっても愛らしくて、ゆっくりでも頑張る姿が、理屈抜きに「がんばれっ!」って応援したくなりましたよね~。

走りながら、「けんちゃ~~ん!!」って大声で声かけてた松野さんの姿も、なんか分かる分かる!って思った

親と子も、シンプルでいいんだよね。障害があろうがなかろうが、親が子を思う気持ちは、変わらず、子が親を思う気持ちも変わらない。

そこにあるシンプルさが、むしろ気持ちよかった。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私も、もっと、ちゃんと生きなきゃなって思う今日この頃。

実は、それは、先日銀行で通帳見たときに、切実に思ったんですけどね・・マジ、やばいッす。急に超現実な話題なんですけど。

普段の生活も、ちゃんと見直さなきゃならないし、やっぱり仕事も探さないと。(節約しなきゃしなきゃと思うほど、なぜか衝動買いしちゃうタイプの私・・)

息子のことも、まだまだ継続が必要だし、余裕のない生活もやっぱ自信がないしなあ。息子と自分と家計と、う~~ん、これまた難問ですな。

というわけで、今日はこれから、リサイクルショップ(古着の処分)&本屋で求人情報集めしてきます。掃除は、また、今度です。苦笑

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

2012年1月24日 (火)

ダラダラしすぎ・・

のお母さん。

コタツがよくないのよ~。コタツのばかばかバカ。どうしてそんなに温かいのよ~。

というわけで、息子が家にいない間は、ホントーに怠けている私。

でも、お腹はすくのよね。そうそう。

Poteto

先週の一人昼めし。

ポテトサラダが、大量に余っていたので、丸めて、小麦粉と片栗粉を混ぜたお粉をはたき、多めの油で焼きました。

仕上げに、醤油とみりんと砂糖を混ぜたタレを絡めたら、出来上がり!

気になるお味は・・。

ま、イモ。うんうん。ポテトサラダだからね・・。

しかし、ベースのマヨネーズ味と甘辛ダレがよくあって、結構いけましたよ!全部ペロリと食べちゃいました(^^)。

ちなみに、ポテトサラダの具(?)は、ゆでキャベツとツナ。冷蔵庫の中身がねぇ、乏しかったのだった。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

それにしても。

本当に、脳みそが端っこからイロイロ溶けてくるんじゃないかって思うほど、何にもしない生活が続いています。

いや、家事はちょこちょこ。

なんか、人間って勝手なもので、忙しければ忙しいで切れ、ヒマはヒマで文句を言う。

今の息子の様子を見ていると、まだまだ朝の付き添いは必要そうだし、放課後も私がいなければ、お友だちとのことはうまくいかないだろうし。

保育所時代は、私が仕事をしていることで、結局きちんと息子のこと見てやれなかったし。

今思うと、痛い空白の幼児時代だったな~。息子は、ガミガミ言われなくて、助かってたかもしれないんだけど。

まあ、そう考えると、今は、息子のことに集中してやるのが、いいんだろうし、母のストレスをうまくコントロールしながら、家計的にもナントカやっていくっていうのが、現実的だと思う。

それでも、いつまでこういう生活を続けるのか、息子のことは息子のこととして、自分はこれからどう生きていきたいのか、何か決めかねている。

目標が定まらないから、いろんなことにやる気も出ない。

そういえば、先週の土日は、小さな失敗続きでした。

銭湯で、シャワーがかかったと、後ろの方から注意されたり・・

レンタルDVDの返却を間違えて、結果3日間も延滞してるのに気づかなかったり・・

銭湯でもらったチラシを、洗濯物と一緒に洗濯しちゃって、めんどくさいことになったり・・

なんか、息子じゃないけど、人付き合いもねぇ、お母さん下手くそで。別に決定的な何かがあるわけじゃあないんだけど、なんかねぇ~。

でも、私、書くことは好きだしな。

また、こうして、息子のことや自分のことを綴っていくことが、癒しや張り合いや、もしかしたら次へのきっかけになるかもしれないし。

と、今日は最後まで、ダラダラでスミマセン。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ご報告が遅くなりましたが、姉妹店「きみがいる幸せ」は、ココログアフェリエイトの終了に伴い、閉鎖させて頂きました。

たくさんの方に見て頂いて嬉しかったです。ありがとうございました。

また、機会があったら、挑戦してみよっかな

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

2011年11月28日 (月)

私は、コタツむり

先週末、ついにコタツを出しました。その日は、バタバタと忙しく、でも、私の愛して止まないこの冬の必須アイテム!コタツ布団も今年新調し、さあ、出来上がり!

でも、時間がおして、息子のお迎えの時間になってしまったので、「初コタツ」は、帰ってきてからにしよ~と、車を運転中、ふと、遠い記憶が脳裏をよぎる・・

あれ?このコタツ、今年の春先に、壊れてたんじゃ・・

ピンポンピンポ~~ン◎

そうそう、つい半年ほど前、まだ寒い時期に、うんともすんとも言わなくなり・・。いえ、コタツだから何も言わないんですけど、最近ずっと暖まらないな~って思ってたんだけど、いくら温度調節しても、いくら待っても、はっきり言って足を入れた瞬間冷たい・・。

で、しょうがなく、ま、もともと家具調コタツなので、オフシーズンは、ちゃぶ台として使っていて、そのまますっかり壊れていることを忘れられていた・・と。家族も、誰も思い出しもしなかったと。

そういうわけで、夫に、一刻も早く、「コタツ、プリ~~ズ!」とお願いし、電気店にコタツを見に行きました。

直す・・って言っても、結構時間がかかりそうだし~、持ってくの大変だし~、でも、新調すると、ゴミに出すのも大変じゃん・・

って、夫婦でもめていたら、なんと!コタツのヒーター部分だけが売っていた!なんだ、自分で付け替えれるんじゃん!知ってました?知ってました?えっ?知らなかったのは私だけ?

素晴らしい!

そうそう、コタツなんか、よっぽどのことがない限り、壊れるのは、そこだけですもんね!

というわけで、今週末、夫にヒーター部分を取り替えてもらい、晴れて、温かいこたつに入れることになりました

コタツ、さいこー LOVE KOTATU

ちなみに、わが家の暖房器具は、他にエアコンも一台壊れてます!しかも、夏に壊れて、そのまま放置されてます!

もうファンヒーターの季節なので、また、見て見ぬふりをしているうちに、忘れ去られるでしょう(^^)

Xmas20111

リビングの一角に、クリスマスコーナーを設けてみました。

サンタさんの後ろの家は、赤くなったり、青くなったり。火事かホーンテッドマンションかと、家族には不評です。

キティーちゃんの飾りは、電飾の他に、ものすごい早回しのクリスマスソングが流れます♪息子のお気に入りなので、しょっちゅう鳴らされてます♪はっきり言って~、この時期の高速「ジングルベル」は、気ぜわしさ倍増で~す!

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー