無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ

2014年8月13日 (水)

憂鬱な帰省

明日から、実家に帰ってこようと思います。

やはり正月・盆くらいは、帰りたい。

っていうくらい、普段は帰らないですね~。割と近くに住んでるんですけど。

原因は、やっぱり、息子の存在。何かとトラブルを生みますから。(まあ、振り返ってみると、それだけじゃない気もするんですけど^^;;)

実家には、甥っ子たちがいるんですが、今まで、甥っ子たちと息子が遊べる物を知恵を絞って持って行ったり、甥っ子たちと一生懸命遊んでやったり、いろいろ工夫はしてきたんですけど。

何かを共有しよう作戦は、甥っ子たちがあっという間に成長してしまい、これからますます通用しなくなりそうです。

加えて、本人や家族が、止めたい(止めさせたい)と思っていてできないこと、やたらとウロウロする、意味もなく水を出して触る、ちょっとしたことで興奮して大声を出す etc・・、そいうことが、その場にいる人たちの琴線にどうしても触れてしまうんですよね。

だから、毎回、覚悟の帰省です(笑)

そんなみんなの空気など、全く関係ないおめでた息子は、ものすごい楽しみにしてますけどね。

先日の講演会で、「出会う人みんなに理解してもらおうとしないで、受け入れてくれる人とだけ付き合う」というお話がありました。

とはいえ、私にとっては血を分けた親兄弟ですし、これからも何とか付き合っていきたいと思っているのですが。息子がこういう子どもであることは、だいたい分かってくれていて、でも、受け入れてくれるかどうかは、それこそ、一人一人の感性に任せられるところで。

今回は、対して策もない。時間を短くして、息子がワルモノになる時間はなるべく少なく。

お母さんの夢は、親兄弟と、腹を割って息子のことを話せる時間と心のゆとりが持てるようになることかな。今まで、どちらもなかったな。

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

2014年8月11日 (月)

状況判断ができない + 感性 =

今日は、数年ぶりで小児神経科を受診してきました。

作業訓練の先生から、「そろそろ一度受診を」と言われていて、ぼちぼち検査何ぞもしなくてはいけないかな、いやだけど。ってことで。

その時に、通学の時に、結構ひどいいじめに遭っていたのに、本人がなかなか訴えられなくて、という話しをしました。

息子は、あんまり怒ったり、反抗したりしない、まあ、おだやかと言えばおだやかな性格なのですが、なんというか、感情の機微も少ないというか。

困るとか、悲しいとか、悔しいとか、感じているのかな?どうかな?って面もあって。けっして、アピールそのものができないわけじゃないんだけど。

それでも、そのいじめ問題は、本人が先生に言うことができて、周りも含めて指導して頂き、今のところ解決に至りましたが。正確には分からないんですが、数ヶ月に渡って、いろいろやられていたんだと思う。

その話を聞いたドクターが、「視覚的に弱い面のある子は、状況を把握することが苦手な場合も多いですね。」と。

プラス「感性の問題かな」と。

一般的に、多くの人が不快に感じるようなことも、そういう風には感じられなかったり。

その二つが合わさると、反応としては、随分ずれてきてしまう。

うんうん。ずれてるずれてる。

映画などのすごい悲しいシーンとか感動のシーンとかで、ゲラゲラ笑うし。←一緒にいると結構精神的に来ます・・・

でも、いじめ問題に関しては、そういう息子の特性をいわば利用していた方が酷いし、分かってあげられなかった大人の責任は大きいですよね。

ドクターいわく、「息子さんの伸び代は、柔軟な面があるということです。こちらの意見も、一応受け止めてくれる。『お母さんは、こんなのひどいって思うよ。』とか、ストーリーの中でも読み取らせたい場面や展開を話して「かわいそうだね」って話してみるとか。そういう一般的なものの見方感じ方に近づける努力は、無駄ではないと思います。」

そう言われると、ちょっと勇気出る。

もういいじゃないか、突き抜けてるなら突き抜けてるでって思う時も、正直あるんだけど、この子のこれからの人生の「生きやすさ」を考えたら、言い続けようかなって。

それでも、持って生まれた「感性」だから、勝手にヒートアップしないように気をつけて。

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

2014年8月 3日 (日)

折り合いをつけること・結果は後のお楽しみ

先日、縁があって、発達障害の子どもに対する支援を考える講演会に参加することができました。

そこで、先輩ママさんの貴重な講演を聴くことができました。

お子さんたちが、すでに、成人していらっしゃると言うことで、就労についてのお話が聞けたのは、特にありがたかったです。

息子は、今小学5年生ですが、遠い未来ではないのですよね。ホントに、子育ての期間って、長いようで短い。

いつか社会に出て行く日のために、今何をしたらいいのかなって、現実味を帯びて感じます。でも、ポイントを絞るのって、難しいんですよねぇ。

たくさんの示唆に富んだお話がありましたが、その中で、私の心の引き出しにしまっておきたい言葉がふたつ。

子どもの特性に寄り添って、「上手く折り合いをつける」こと。

将来を見越して、改善してあげた方がよいこだわりや特性。わかっちゃいるけど、なかなかこちらの思うようには、進んでいかないんですよねぇ・・。

現実に、一緒に生活していると、こっちの方がまいっちゃうこともありますしね。

諦めちゃってもダメだし、結果を求めすぎてもお互い苦しくなる。

だから、「結果は後のお楽しみ」ーなのでしょうか。

ここまで育ててきて、体感として分かることですが、気がつくとヒートアップしていく私には、やはりいつでも必要な時に取り出しておけるようにしておきたい言葉たちです。

↓できれば、ぽちっと、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

« 2014年7月 | トップページ